降圧に効果的な食事とヨガ

降圧とは血圧を下げることをいいます。血圧が高いと、虚血性心疾患や脳卒中、腎不全などの発症の原因となってしまいます。降圧を行なうためには、生活習慣を改めて予防することが大切です。改善方法としては、塩分を控えた食生活や適度な運動、喫煙をしないなどのことが大切です。
具体的な降圧に効果的な食事の方法とは、余分な塩分を排出する効果のあるカリウムを意識して摂取することがおすすめです。食べる物と体調は密接な関係にあります。塩分の多い食事をとれば血圧が上がり、塩分を控えたりカリウムの摂取を意識した食事は血圧を下げる効果があるのです。カリウムを多く含んだ食品としては、ほうれん草やアボカド、じゃがいもやわかめ、春菊、プルーンやバナナなどの食材に含まれており、このような食品を意識してとりながらもバランスの良い塩分の控えた食事を行なっていくことが大切です。
食生活を気をつけた後は、適度な運動が降圧は必要となってきます。運動を行なうときにおすすめなのがヨガです。
運動が苦手だという人でもヨガなら簡単に取り入れることができる上に、独特の呼吸法を行なうことによって血圧を下げる効果があります。
ヨガを行なうときに行なわれる呼吸法は乱れた自律神経を整える効果があるとされています。自律神経が整うことによって血圧が下がるだけではなく、基礎代謝の向上や体の歪みの改善、肥満の解消、血液循環が良くなり冷え性が改善されたり、細胞が活性化されるため肌の調子を整えることができるなどが期待できます。
深い呼吸をするのがヨガの特徴ですが、体の負担になるような呼吸をしてしまうと血圧を上げてしまう可能性があるため、正しい呼吸をすることが大切です。

高血圧を治療する降圧剤が色々と種類があるのはご存じでしょうか?現在は主に6種類の降圧剤があり、病院で処方されています。そんな降圧剤の種類についてこのサイトでご紹介できればと思います。