30代まで下がる高血圧患者とフローランでの降圧治療

社会の変化によって様々な病気が問題になる世の中になりました。生活習慣病が世の中に知られるようになったのはその代表的なものであり、高血圧のような高齢者の病気と思われていたものが30代であっても頻繁に見られるようになってきています。加齢にともなって血圧は上がっていってしまうものであることから、高齢者になると高血圧になりやすいというのは理解しやすいものでしたが、生活習慣が大きく変わってきたことによって30代でもそのリスクを抱えるようになってきています。社会生活の中ではストレスが多いため、その影響が根本原因の一つとも言われています。それに加えて塩分の多い食生活や泥酔するまでの飲酒、喫煙によるストレス発散といったことが30代という若い年齢層にまで高血圧のリスクをもたらしている原因と考えられています。若くして高血圧になってしまうと、加齢にともなって更に血圧が上がってしまい、合併症のリスクを上げていくことになってしまいます。そのため、早期治療が重要になり、生活習慣の改善と共に降圧剤を用いた降圧治療が実施されていきます。一方、こういった本態性高血圧ではなく、二次性高血圧の場合には30代よりも若くても発症するケースがよくあります。その一つが肺動脈性肺高血圧症であり、難病に指定されていて有効な治療法がありません。フローランのような血管拡張剤を用いて降圧を行い、病状を管理していくというのが基本の治療となっています。フローランは血管拡張作用に優れていることから注目されてきました。点滴静注が必要になるものの、フローランは在宅医療でも保険適用がなされるようになっているため、最終手段としての治療手段として有用性が認識されてきています。

高血圧を治療する降圧剤が色々と種類があるのはご存じでしょうか?現在は主に6種類の降圧剤があり、病院で処方されています。そんな降圧剤の種類についてこのサイトでご紹介できればと思います。